FC2ブログ

 人形には絵空事が必要なんです。空想や想像から表現力が生まれます

稲富 昭満  Akimitsu Inatomi

博多人形師



稲富昭満01



 3度の内閣総理大臣賞、通商産業大臣賞、経済産業大臣賞など多くの受賞歴があり、博多人形の第一人者として知られる。人形師として基本や技の習得はもちろん欠かせない。ただ、それだけでは足りないという。「人形には絵空事が必要なんです。空想や想像から表現力は生まれます」と稲富さん。制作前に必ず文献を読み、ストーリーを自分なりに組み立てる。作品は能もの、歌舞伎もの、武者もの、美人ものなど古風な作品から、博多人形の枠を超えた洋風の作品、北斎の絵や干支をレリーフした壁掛け作品など作風は幅広い。


 「鏡の間」という作品がある。能の役者は装束を付け終えると鏡に向かい姿を整える。心を沈めて役に入り込み、そして面を付ける。鏡の間に他人を入れることはない。能役者が舞台に上がるまでの緊迫した場面の一部を切り取ったのがこの作品だ。


 中国の歴史を題材にした作品も多い。項羽の妻、虞姫の人形は何体も制作している。文献を読み、想像力を働かせ、妖艶な姿を表現する。「虞兮虞兮(ゆしゆし)」で内閣総理大臣賞を受賞した。


 「望郷」という作品からは稲富さんの冒険心が垣間見える。貝殻の粉・胡粉を塗り、真っ白の作品に一部分だけプラチナの箔を貼る。現代の家は床の間がない家が増えていることから洋間に飾れる博多人形を作った。


稲富昭満02

稲富昭満03


稲富昭満04


稲富昭満05


 スケールの大きい作品も残す。広島の飲食店から依頼を受け、相撲人形「雷電(らいでん)」を制作。高さ2.2m、総重量は800kgにも及ぶ。スケールも制作過程も普通の人形作りとは大きく異なる。実家が佐賀の窯元であり、窯や火の知識や経験が豊富な稲富さんだからこそできた仕事だ。秋田県男鹿市から依頼された「なまはげ」は高さなんと9.99m。樹脂で作り、現在でも男鹿市のシンボルとして人々の目を楽しませる。博多人形の第一人者だが、まだまだ枠にとらわれず、自由な発想で新しい作品を世に送り出す。

稲富昭満06


稲富昭満07
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。