FC2ブログ

高取焼味楽窯第十五代  亀井味楽さん

亀井味楽 人物



高取焼味楽窯第十五代
陶芸家 亀井味楽 Miraku Kamei


福岡市早良区高取。高取の地名の由来にもなった高取焼味楽窯は、地下鉄藤崎駅や商店街からほど近い住宅街の一角にある。高取焼の歴史は400年と古く、そのルーツは秀吉の朝鮮出兵にまでさかのぼる。出兵の折、藩主黒田長政が朝鮮の陶工を筑前に連れ帰り鷹取山(直方市)の麓に窯を開かせたのが始まり。江戸初期の大名茶人・小堀遠州(こぼりえんしゅう)が指導した「遠州七窯」のひとつとしても知られ、茶の湯の道具が多く焼かれた。黒田藩の御用窯として守られながら、現在の早良区高取に開いたのが1717年。来年2017年は高取の地に窯が作られて300年という節目の年にあたる。


昭和56年 福岡県美術展奨励賞受賞
昭和57年 福岡県美術展豊田賞受賞
昭和58年 福岡県美術展朝日新聞社賞受賞
平成2年 西部工芸展福岡市長賞受賞
平成5年 福岡市美術展福岡市長賞受賞
平成7年 西部工芸展朝日新聞社賞受賞
平成11年 西日本陶芸展福岡県知事賞受賞
平成18年 福岡市技能優秀賞受賞


亀井味楽さんが十五代味楽を襲名したのは平成13年、40歳の時。上記のように、主な受賞歴を見るだけで、その活躍ぶりはお分かりいただけるだろう。日本工芸会正会員であり、福岡県版現代の名工といわれる福岡県技能優秀者としても表彰された。米国・ワシントンDCの「フリーア美術館」や中国の「景徳鎮陶磁器博物館」に収蔵品として展示、また2014年には米国・ボストンで個展を開き「ボストン美術館」に作品を寄贈するなど、活動範囲は海外にも及んでいる。一方で地元でも積極的に活動する。福翔高校では陶芸講師として生徒に指導。また地元西新にある西南学院大学創立100周年記念事業の一環としてキャンパスに建設された「西南学院百年館」に校歌を記した高取焼の陶板を制作。釉薬に校内の松葉の灰を加え、スクールカラーのグリーンを表現した。


亀井味楽 器1
亀井味楽 器2
亀井味楽 器3
亀井味楽 器6
亀井味楽 器7
亀井味楽 器8
亀井味楽 器9
亀井味楽 器10


国内、海外での活動を経て、強く感じることがあるという。
「新しいものを作ろうという気持ちはいつもあります。ただ、先人の誰かがやっていることに気付きます。奇抜なものより伝統的な日本の焼き物に関心を示す人が多いということも事実です。古い高取焼の伝統を守りつつ新しいことにも挑戦したい」
土や釉薬など素材が大事という味楽さん。それがそのまま窯の特徴につながるという。土は江戸時代と同じ太宰府市向佐野(むかいざの)から取り寄せ、赤土、白土、並土の3種類の土を作品によって使い分けている。ろくろも電動と蹴ろくろの両方を使い分ける。また、高取焼の最大の特徴ともいえるのが白、黄、黒、緑青(ろくしょう)、うぐいす色の高宮、まだら状の黄土色に仕上がる銅化(どうけ)、透明の布羅志(ふらし)など7色の釉薬。複数の釉薬を掛け分けた奥深い作風も高取の持ち味といえる。



創作活動で行き詰ってしまうこともあるという味楽さん。
「行き詰まったときのために、いつも自分でテーマを持っています。リセットして趣味の釣りやドライブをして森の木々や雲を眺めたりするんです。アメンボの波紋から創作のヒントを得たこともあります。自然界から得るものは多いですね」




「日本の失われつつある文化や伝統、ステータスを復活させたい」と、味楽窯では陶芸教室の他に、香道や華道、お茶会など和文化の教室を定期的に行っている。
「高取焼のルーツ・韓国から若い人たちを招いて文化交流など何らかの恩返しをしたいですね。味楽窯には美術館もあります。多くの方に足を運んでいただきたいです」
今年4月には長男の久彰さんが窯元に戻り陶芸家の道を歩み始めた。父から子へ、伝統がまた受け継がれていく。




高取焼味楽窯
〒814-0011 福岡市早良区高取1-26-62
公式HP
http://www.takatoriyaki.jp
味楽窯美術館
開館時間/10時~17時
休館日/日・祝
入場料/無料



亀井味楽 祠
亀井味楽 露地
亀井味楽 登窯
亀井味楽 美術館
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。