FC2ブログ

博多人形師 博多祇園山笠、中洲流れ舁き山の人形も手掛ける

溝口堂央02
溝口堂央03


溝口 堂央  Touyou Mizoguchi
博多人形師

 「師匠の中村信喬(なかむらしんきょう)先生から、作品展を見に行って本物を肌で感じるように教えられています」と語る溝口さん。本物を見ることでしか得られないものがあり、創作のヒントにもなるという。工房の書棚には、日本の髪型、大英博物館、日本の国宝、各国の紋様、北斎など様々な書籍が並ぶ。


 日本伝統工芸会正会員(日本伝統工芸展で4回以上入選することで資格が与えられる)の溝口さんは、同西部支部の記念事業の一環で2009年、九州国立博物館に出展。現在生きている作家の作品が国立博物館に展示されること自体が珍しく、人形師として栄誉を感じたという。多数の受賞歴があるが、2006年「西部工芸展・福岡市長賞」を受賞した「月影(げつえい)」という作品は、溝口さんの代表作だ。この作品は、古代中国・秦の時代、兵馬俑からインスピレーションを受けて創作した作品だという。城壁の前で、月明かりに照らされながら笛を吹くところを想像して作った。

溝口堂央04

溝口堂央05

溝口堂央06

溝口堂央07

溝口堂央01

 志賀島の女神が漂って水浴びをする「志賀の海」という作品も目を奪われる。抽象的な曲線を女性の姿を借りて表現したかったのだという。穏やかな女性の表情が見る人の心を鎮める。
 博多人形師として地元のお祭りに関わりたいという気持ちから、長年博多祇園山笠に舁き手としても参加する。2014年からは中洲流の舁き山の人形制作も手掛けることになった。「師匠の跡を次いで、今年初めて山笠の制作に携わるのでプレッシャーはありましたね」と語る。山笠にはテーマが設けられている。陰陽の調和をとるため、勇ましい武将が並ぶ勇壮な「指山(さしやま)」とおとぎ話など優美・優雅なものを飾る「堂山(どうやま)」に分かれる。「一番、三番、五番、七番の奇数が「指山」(別名男山)、二番、四番、六番の奇数が「堂山」(別名女山)と呼ばれ、毎年繰り上がっていくのが習わしです。こういうことを知っておくと、山笠を見る楽しさがまた増ますよ」と教えてくれた。


 常に題材探しをしているという溝口さん。「深い思いを強く出せる題材をいくつ持てるかが必要だと感じています。人形師は人との関わりが多いので、これからもご縁を大切にしていきたい」と語ってくれた。ひと目見て、これは溝口堂央の作品だと思われるような作品をこれからも創作していきたいと締めくくった。

溝口堂央11

溝口堂央08

溝口堂央09

溝口堂央10
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。