FC2ブログ

“あかり絵”の世界から子供たちの博多弁が聞こえてくる

入江千春01


入江 千春 Chiharu Irie

造形作家


公式HP
http://akari-e.com/




あやとり、芋版、紙ずもう、焚火、折り紙、木登り。みんなの記憶に残っている何気ないけれど懐かしい風景を切り取って、温かい灯りを点す。そこに「ぬっかねぇ」「かたらんね」「いくば~い」と子供たちの博多弁のタイトルを添え、誰もが共感できる独自の世界を作り出す。福岡の人なら、造形作家・入江千春さんの“あかり絵”を運良く見かけた人もいるかもしれない。福博であい橋のたもとに建つ旧福岡県公会堂貴賓館に常設されている他、アクロス福岡でも定期的に展示される。なお、絵葉書や絵本などは販売するが、あかり絵の作品自体は販売していない。



2002年、グラフィックデザイナーとして独立と同時に立体も作り始めた。
「私は人形師ではありませんが、駅などの商業施設で博多人形などを扱う老舗店舗がどんどん減っていくのを危機感を持って見ていました。マンションなど今の住まいのスタイルに溶け込む人形や作品を提案できたらいいなと思ったのが、あかり絵を作るようになったきっかけです」
子供たちの人形は、最初紙粘土で作った。紙だと重厚感がなく、つるつるして素朴さが出なかった。陶土は扱いが難しかったが試行錯誤の末、素朴感のある人形が作れるようになった。何より光があたった時のやわらかい印象は、素焼き人形が圧倒的にいい。


入江千春03
入江千春02
入江千春04
入江千春05


長崎出身の入江さんが博多弁に興味を持ったのは山笠がきっかけだった。会社員時代、どんたくや山笠など地元行事と連動したイベント企画を担当。地元関係者から「お祭りとか分からん人間がそんな仕事をしちゃいかん」と言われ、ならばと自らカメラと脚立持参で山笠を取材した。
「それが面白くて。山のぼせの人たちは、みんな仕事そっちのけ。山笠に出てもお金にもならないでしょ?勝ったの早いの遅いの。若手もっとがんばれ!とか。どうしてこの男の人たちはここまで一生懸命になれるの?でも手一本入れたらやーやーと帰っていく。で、そういう人が私にとっての博多なんです」
博多の人情や空気が好きになり、博多弁を作品に使おうと思った。方言にすることで人間くささとか匂いのある風景が表現できたらいいと思ったという。確かに、子供たちの博多弁で作品がぐんと身近になるのは間違いない。山笠を追うようになって、もう15年以上になる。


作品は同時進行で、2ヶ月かけて5~6作品を完成させる。木材、陶土、紙、布、糸などあらゆる素材を用い加工する。覗き込んでじっくり見て欲しいので、展示する作品はあえてケースに入れたり、柵をしたりしない。そして、今後も作品の販売はしない方針は変わらない。世界中に作品を置いて見てもらいたいとも語る。遊びは違うかもしれないけれど、作品を見て感じる部分、くすぐられる所は全世界共通なのではないか。夢は?と尋ねると「ニューヨークにある国連のロビーに展示したいです」


病院の待合室、老人ホーム、保育所の相談室、お寺、刑務所内の体育館ステージなど展示する場所は徐々に増えている。
「懐かしいね~」
「こんな遊びしたことある?」
多くの人に作品を眺めながら、アルバムをめくるように懐かしい気持ちになってもらえば嬉しいと入江さんは話してくれた。(了)

入江千春06
入江千春07
入江千春08
入江千春09
あかり絵が常設されている「旧福岡県公会堂貴賓館」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。