FC2ブログ

都道府県ランキング

1位 大分県
2位 鹿児島県
3位 北海道
4位 静岡県
5位 熊本県

これは何かの都道府県ランキングです。
九州から大分県、鹿児島県、熊本県の3つがベスト5に入っています。
何の都道府県ランキングか、ぜひ予想してみて下さい。











答えは、温泉の源泉数都道府県ランキングです。

1位 大分県(4,788)
2位 鹿児島県(2,824)
3位 北海道(2,304)
4位 静岡県(2,283)
5位 熊本県(1,388)
※カッコ内は源泉数

大分県の源泉数は、圧倒的な数字ですね。
中でも、大分県の別府温泉は2,900の源泉数を誇ります。
この数字は日本一であり、世界一です。


別府温泉2



次のランキングも温泉に関するランキングです。
また、予想してみて下さい。

1位 大分県
2位 北海道
3位 鹿児島県
4位 青森県
5位 熊本県



答えは、温泉の湧出量の都道府県ランキングです。
またまた、大分県、鹿児島県、熊本県がランクインしています。
別府温泉の湧出量は1日13万リットル。
やはり日本一です。


「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」という言葉を思い出します。
これは別府観光の生みの親、油屋熊八の言葉です。
別府温泉の定番、地獄めぐりも彼のアイデアと言われています。

2つの都道府県ランキングから、九州は温泉天国なのだと改めて感じます。




次の数字は、アルコールについてのランキングです。

1位 新潟県
2位 長野県
3位 兵庫県
4位 福島県
5位 福岡県


これは、日本酒の蔵元数ランキングです。
意外というか、福岡県が5位にランクインしています。

ここに気になる数字があります。

1994年には全国で2,352軒あった蔵元の数が
2009年には1,711軒に減っています。
その減少数は、15年間で611軒。
年々蔵元の数が減っているのは残念です。


最後にもうひとつ、またアルコールに関するランキングです。

1位 鹿児島県
2位 宮崎県
3位 沖縄県
4位 大分県
5位 熊本県

とうとう、九州が全部占めてしまいました(笑)

これは、焼酎の消費量の都道府県ランキングです。
九州の人は、やはり飲みますね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。